(株)インターマインド アナログ・デジタル信号処理の受託開発

掲載日:2021.4.5

 

インターマインドはカスタム電子機器を試作開発する提案型試作開発専門メーカーです。
「測る、考える、つながる」をユニークな発想で実現し、お客様のご要望を満たします。

センサがあらゆる現象をとらえ、人が感じるアナログをありのままに処理し、デジタル信号処理とインタフェースが世界を広げます。
インターマインドが得意とするハードウェア/ソフトウェアによる信号処理を応用できる分野は広く、幅広い多くの開発実績をベースにカスタムものづくりとリアルタイム処理の挑戦を続けます。

電子機器を構成する各要素モジュールおよび基板などハードウェア自社品を所有し、それを活かすソフトウェア資産を所有しています。
全て社内設計であるために仕様に沿ったカスタム化が可能です。
そのため、お客様のご要望するカスタム品を短期間で実現することが可能です。

既製品に貴社の価値を合わせることなく、貴社の価値に合うカスタム品を使うことで、価値の高い仕事へ導きます。それが貴社の価値を高めます。

主な特長

インターマインドの受託開発は、自社開発の素材(組込ボード他)を組み合わせ、ファームウェアを実装することで開発時間を短縮し、開発コストを節約致します。

実績

漏れ検知などに活用できる超音波プリアンプ
処理帯域:40kHz、GAIN:30dB、広帯域MEMSマイク

AEシステムなどに活用できるセンサプリアンプ
処理帯域:50kHz~1MHz、GAIN:30dB、ラインドライブ電源

デジタル信号処理などに活用できる組込み用DSPボード、C6747 456MHz高パフォーマンス低消費浮動小数点
456MHz TMS320C6747。SDRAM、SPI FLASH、名刺サイズ(90×50mm)

PLLクロック逓倍器
出力周波数=入力周波数×(500~1000)
出力ジッタ:3nsec以下
出力スプリアス:-40dB以上

超小型組込み計測モジュール
外部信号を波形/色/画像にて表示

可変位相同期4CH信号発生器
4CH位相同期
周波数:1.00~3200.00Hz、0.1Hz分解能
振幅:0.00~16.00Vp-p
位相:0.0~359.9deg

本製品の詳細をみる

本製品に関するご相談・お問い合わせ

製品トピックス