日本アビオニクス(株)InfReC(インフレック)R550シリーズ

掲載日:2019.4.3

R550シリーズは、3モデルをラインアップ。用途に応じて選べます。

■R550Pro フル機能搭載モデル

  • 測定温度範囲 -40~+2000℃
  • 最速120Hz高速サンプリングに対応しており、熱挙動の早いデバイスでの過負荷試験の時系列温度解析(R&D)やレーザ溶接時におけるスパッタの発生挙動および近隣への熱影響を検出に適します。

■R550

  • 測定温度範囲 -40~+650℃
  • 650℃まで温度計測ができるため、耐熱塗料(600℃のものが多い)や高温ヒータ(500~600℃で使用)の評価試験でご使用いただけます。また、高所となる電気設備やプラントの配管などの点検に適します。

■R550S

  • 測定温度範囲 -40~+120℃
  • コンクリート構造物や建築物外壁の剥離診断に適します。

主な特長

最速120Hzの高速サンプリング(R550Pro)

レーザ加工や抵抗溶接時のスパッタ解析および近隣への熱影響解析が行えます。

 

外部トリガー入力による自動記録開始機能を搭載(R550Pro)

本体に外部トリガー信号を入力して自動で動画を収録します。PLCなどのI/O機器を使わずに、試験装置や現場設備と連動したデータ収録が可能です。

 

最大記録画素数120万画素の高精細な熱画像

複数枚超解像処理による最大120万画素(1280×960万画素)により、微小デバイスを搭載した基板の温度分布をより細かに撮影することが可能です。

 

豊富なオプションレンズ

広角、望遠、近接拡大レンズをラインアップ。遠方の温度監視から微小部品の熱解析など計測シーンに対応します。

 

本製品の詳細をみる

本製品に関するご相談・お問い合わせ

製品トピックス