マイクロニクス 簡易電波暗室(電磁波シールドテント型) MY5700シリーズ

掲載日:2021.5.28

昨今、5G・ミリ波レーダ・LPWA等の無線機器が様々なところで活用・注目されています。これら無線機器の多くは、開発や製造時にOTA(Over the Air)試験を実施するに至りますが、評価環境として電波暗室や電波暗箱などの、電波の無響空間あるいはシールドされた空間が必要になります。

一般的に電波暗室は、設備が大掛かりで導入費用や維持費が高価なイメージがありますが、当電磁波シールドテント型簡易電波暗室は、小型の電波暗箱のように、安価且つ手軽に電波暗室を構築することができます。

特に、電波法対策・簡易EMC試験・OTA試験(プロトコル、ファンクション、相互接続性試験など)用として、超高精度なRF特性試験やアンテナ評価を行わないケースに向いており、本格的な電波暗室までは不要だけれども簡易的な電波暗室は欲しい、といったニーズに最適な製品となっております。

詳しいカタログ(PDF)はこちらをご覧ください。

 

製品の価格

標準価格¥4,980,000~(税別)

  • 2021年5月現在の価格になります。
  • 価格については、予期なく変更する場合があります。

主な特長

・電波吸収体はアルミ板に固定しています。プラダン接着とは違い、テントが風圧で揺れても反射の影響がありません。

・更に電波吸収体パネルはアルミフレームに固定するため、内部有効寸法を大きく確保できます。
・シールドテント素材は高密度生地を2重化しており、シールド性能が高いです。
・シールドテントのみを先に購入していただき、将来的に電波暗室へのグレードアップ対応が可能です。

床面電波吸収体敷設時

床面電波吸収体を部分的に取り外した状態

※床面の電波吸収体は、必要な場所に、必要な量だけ敷設して使用します。

標準仕様

※送風機ならびにLEDクリップライト動作のため、AC100V電源が必要です。

吸気口(送風機取付時)   ケーブル通線口

正面扉 シールドテント 閉口時      正面扉 取付

正面扉 取外し時

サイズラインアップ(8種類)

  • すべて税別の標準価格です。
  • 2021年5月現在の価格になります。
  • 価格については、予期なく変更する場合があります。

カスタマイズ例

・コネクタパネル
・電源フィルター
・シールドテント5面仕様(床無し。GNDプレーンへ固定)
・電波吸収体の変更

 

本製品の詳細をみる

本製品に関するご相談・お問い合わせ

製品トピックス