コンクリート専用ワイヤレス温度センサー SmartRock(Giatec社)

掲載日:2021.5.10

コンクリート専用ワイヤレス温度センサーSmartRockとは

SmartRockはコンクリート専用の完全埋込み型ワイヤレス温度センサーです。本製品はコンクリート内部に本体センサー、温度センサーケーブルごと全て埋め込み、スマホやタブレット端末とワイヤレスBluetooth通信で接続し、コンクリートの内部温度を測定・モニタリングできる。鉄筋に取り付けるだけで設置が完了するため従来製品よりも作業効率が向上し、完全埋め込み型で、ケーブルの改修や補修作業も不要となります!また、コンクリートの非破壊強度推定方法であるマチュリティ法(ASTMC1074準拠)により、現場の積算温度からリアルタイムで圧縮強度を推定することが可能。コンクリート養生時の適切な温度管理に寄与するほか、コンクリートコア供試体の圧縮強度試験と併用することで強度結果の判断が早まり、工期短縮につなげることができます!

​​​圧縮強度が推定できる(マチュリティ法)とは

​​コンクリート内部温度と時間の積算値(積算温度=マチュリティ)を用いて強度を推定する方法です。通常、コンクリート圧縮強度を知る場合には、供試体を標準養生し、試験所などに持ち込み圧縮強度試験しますが、この場合、現場コンクリートと供試体と誤差が発生する場合がありました。マチュリティ法は現場コンクリートからの推定方法の為、誤差が発生せず、また効率的に圧縮強度を求めることができます。

【コンクリート内部温度(湿度)測定】マチュリティ法についての解説動画

コンクリート専用ワイヤレス温度センサー SmartRock2

コンクリート専用ワイヤレス温度センサー SmartRock3【最新モデル】

SmartRock3 紹介動画

主な特長

・コンクリート内部の温度測定が簡単に!

・圧縮強度推定も可能!

​​簡単設置・測定手順

​​・専用のアプリでプロジェクト作成し、センサーを登録・接続

・鉄筋にセンサー本体をストラップで固定し設置

・コンクリート打設後、センサーからワイヤレスでデータ取得

 

 

​​【国内市場初】コンクリート内部に埋込み、リアルタイムに圧縮強度が推定できる温度センサー前年比400%以上売上好調!

​​コンクリート専用のワイヤレス温度センサー SmartRockシリーズが前年と比較して400%以上売上好調につき、今後、更に販路を拡大して展開予定です。また、今後遠隔モニタリングサービスを強化予定です。

​​世界では約80ヵ国8,000箇所採用!国内ではNETIS登録完了後売上好調!

​​国内ではSmartRockは2016年に発売開始し機能改善・バージョンアップを重ね、その後温湿度も測定できるタイプBlueRockが発売され、2020年5月に国土交通省/新技術情報提供システム(NETIS)に登録されました。NETIS登録完了後、お問合せが増加し、全国の現場や研究機関に導入が進んでいます。世界ではコンクリート養生管理・温度管理するセンサーとして埋込み型、マチュリティ法が主流となっており、日本でも遅れながらも導入が進んでいる状況です。

本製品の詳細をみる

本製品に関するご相談・お問い合わせ

製品トピックス