岩崎通信機 FLIR サーモグラフィ FLIR C3-X / FLIR C5

掲載日:2021.2.8

Thermography

従来品(FLIR C2 / C3)の携帯性はそのままに、解像度や稼働時間など基本性能を大幅に向上

・128×96ピクセル(C3-X)、160×120ピクセル(C5)のサーモグラフィカメラと5メガピクセルのデジタルカメラで鮮明でクリアなサーモ画像を表示

・内蔵デジタルカメラのディテールを熱画像に重ね合わせて表示する、MSX機能により問題の場所を瞬時に確認

・携帯性に優れたコンパクト設計ながら、保護等級IP54の防塵および防水性能と2mの耐落下性能に対応

・FLIR Igniteに直接アップロードすることで、画像の保存、整理、バックアップが容易

・FLIR Thermal Studio等の推奨ソフトウェアを利用して、問題と修理内容を記録した画像付きレポートを作成可能

製品の価格

FLIR C3-X 標準価格¥99,800(税別)

FLIR C5  標準価格¥140,000(税別)

・2022年5月現在の価格になります。

・価格については、予期なく変更する場合があります。

主な特長

FLIR C3-X / C5仕様

カメラ型式 C3-X C5
熱画像解像度(可視) 128×96(500万画素) 160×120(500万画素)
計測温度範囲 -20ºC~+300ºC -20ºC~+400ºC
視野角(FOV) / 瞬時視野角(IFOV) 54°×42° / 7.9mrad 54°×42° / 6.3mrad
ズーム なし あり(×1.0~4.0)
温度分解能(NETD) 0.07ºC
最小撮像距離(MSX®時) 熱画像:0.1m(MSX:0.3m~)
画像表示とモード
液晶ディスプレイ 3.5インチタッチスクリーン(静電容量式)
画像モード 熱画像、可視画像、MSX、ピクチャーインピクチャー
測定と分析
精度 ±3ºCまたは±3%
(環境温度15ºC~35℃、測定温度0℃以上)
測定機能  スポット(画面中心の”○”の中の平均温度を表示)
ボックス(画面枠内の最小/最大温度を表示)
画像の保存
保存メディア 内蔵メモリー(約5000枚)および
オンボードのFLIR Igniteクラウド接続 (Wi-Fi経由)
画像ファイルフォーマット 標準JPEG、14ビットの測定データを含む
追加情報
Wi-Fi あり(802.11 a/ac/b/g/n[2.4および5GHz])
USB(外部電源)  USB2.0 Type-C (5V)
耐落下衝撃性能 2m
 保護 カメラハウジングとレンズ:IP54(IEC 60529)
バッテリー稼働時間 4時間
三脚取付マウント 内蔵(UNC 1/4”-20)
寸法(L×W×H)/ 重量 138×84×24mm / 190g

アプリケーション

・暖房シートや駆動系のコンポーネント等の自動車の修理 / メンテナンス

・電気 / 機械設備の点検

・電子回路基板の発熱部の特定

・断熱材の欠落、建物の外構からの空気漏れ等の施設のメンテナンス

・太陽光パネルの不具合点検

・冷暖房空調設備のトラブルシューティング

 

 

本製品の詳細をみる

本製品に関するご相談・お問い合わせ

製品トピックス