岩崎通信機

日本で初めて、オシロスコープを世に送り出したのはIWATSU。以来60余年、高性能化・多機能化を追求したIWATSUの計測器は、現在、産業界をはじめとするあらゆる研究開発や教育の場で利用されています。

省エネルギー交通手段として進化を続けるハイブリッドカーや電気自動車、高速鉄道、また風力や太陽光を商用電力に変換するパワーコンディショナ、これらの基幹となるインバータのキーデバイスであるパワー半導体と磁性材料の研究開発には、常にIWATSUの電子計測技術が深く関わっています。

最先端の機器を構成する電気回路は、小型高密度化・広温度範囲化・高周波化・高電圧化・大電流化と従来に比べて測定自体が非常に難しくなっています。
IWATSUの持つプロービング技術は、その幅広いラインアップにより様々なニーズに合わせたソリューションを提供していきます。

IWATSUの電子計測事業では開発から生産・販売・アフターサービスまで、一貫してお客様のニーズにスピーディーに対応。
「パワーエレクトロニクス計測」で社会貢献することをめざして、アプリケーションを中心とした計測ソリューションに取り組んでいます。

 

 

メーカーリンク

関連製品トピックス

関連キャンペーン情報

関連イベント情報

関連するイベント情報は現在ありません。