マイクロニクス(株)ハンディ型シグナルアナライザ MSA500シリーズ

掲載日:2018.10.14

高い周波数の送信アンプでは、その歪みが大きいと、波形が歪んで隣接チャネルへ漏れる不要な電波が大きくなります。アンプ特性改善の効果を見るには、隣接チャネルへの影響を数値で確認する必 要があります。MSA500 シリーズを用いれば、これを簡単に確認することができます。

製品の価格

 

製品 標準価格(税別)
3.3GHzシグナルアナライザMSA538 ¥748,000
8.5GHzシグナルアナライザMSA558 ¥1,130,000
TG搭載3.3GHzシグナルアナライザ MSA538TG ¥930,000
EMI用3.3GHzシグナルアナライザ MSA538E ¥889,000
EMI用8.5GHzシグナルアナライザ MSA558E ¥1,300,000
  • 2021年11月現在の価格になります。
  • 価格については、予期なく変更する場合があります。

主な特長

  • ACP(隣接チャネル漏洩電力)測定モードで、隣接チャネルへの漏洩電力量を確認します。キャリア周波数の-5MHz、+5MHzのそれぞれ±2.2MHzにおけるACP比は -32.86dBc、-33.08dBcですが、アンプ特性を改善した右図では、-35.29dBc、-35.74dBcとなり、 隣接チャネル特性が改善されたことがわかります。
  • シグナルアナライザMSA500シリーズは上記”隣接チャネル漏洩電力”の他にも”チャネルパワー測定”、”占有周波数帯幅測定”、”電界強度測定”、”磁界強度測定”、”ノイズ測定”など様々な測定モードを備えており、 必要な機能を簡単に呼び出して使用することができます。

本製品の詳細をみる

本製品に関するご相談・お問い合わせ

製品トピックス