TDKラムダ 直流安定化電源 「GENESYS+シリーズ」

掲載日:2020.12.24

 

GENESYS+シリーズは、現行販売機種Genesysシリーズの上位機種として、小型化、高性能化を実現した電源です。出力電圧/電流の低リップル化・高速応答化・高精度化の実現により、要求の厳しい評価試験にも対応可能。また、定電力制御やスルーレートコントロールなどの新機能が追加されております。通信インターフェースはLAN、USB、RS-232C、RS-485、アナログ絶縁ボードが標準搭載されており、オプションでGPIB、EtherCAT、Modbus-TCPにも対応しております。通信プロトコルは計測分野で求められるNI-VISAに適合し、SCPIコマンドでの設定が可能です。さらに並列接続も容易な設定方法で行うことができ、拡張性にも優れています。効率においても最大効率92%の高効率設計によって、環境負荷低減に貢献します。

1kW,1.5kWモデル フロント        1kW,1.5kWモデル リア

1kW,1.5kWモデルは横幅が半分に小型化されたハーフラックサイズ(W: 214mm×H: 43.6mm×D: 432mm、重量: 3.5kg)がラインアップされており、同等の電力帯のモデルでは業界最小のサイズです。※1kWはハーフラック/フルラックの2モデルラインアップあり

【用語集】

・スルーレートコントロール:立ち上がり、立ち下がり時間の制御。

・NI-VISA:NI社によるVISA(Virtual Instrument Software Architecture)。

・SCPIコマンド:SCPI(Standard Commands for Programmable Instruments)言語のコマンド。

・フィールドバス:PLC(プログラマブルロジックコントローラー)、センサなどの監視機器、制御機器が接続されているネットワーク。

・EtherCAT:Ethernet for Control Automation Technologyの略。Ethernet(コンピュータや電子機器をケーブルで繋いで通信するネットワーク規格の1つ)に基づくフィールドバスシステム。

・Modbus-TCP:Modicon社がPLC向けに策定したシリアル通信プロトコル。

・GPIB:General Purpose Interface Busの略。コンピュータと計測器とのインターフェースの国際標準規格

主な特長

【主な特長と利点】

豊富なインターフェースに対応

・LAN、USB、RS-232C、RS-485、アナログ絶縁ボードを標準搭載

・オプション通信インターフェースとしてGPIB、Modbus-TCP、EtherCATを追加ラインアップ。また今後もオプションインターフェースをさらに追加拡充予定。

ラインアップ

・容量:1kW、1.5kW、1.7kW、2.7kW、3.4kW、5kW、10kW、15kW

※1kWはハーフ/フルラックサイズの2モデル、1.5kWはハーフラックサイズをラインアップ

・出力電圧(DC):10V、20V、30V、40V、50V、60V、80V、100V、150V、200V、300V、400V、500V、600V(※50V、200V、400V、500Vは5kW以上)

・専用ケーブルの接続のみで容易に並列運転の設定が可能

・10kW、15kWを1ユニットとしたスケーラブル並列モデル(GSPモデル)もラインアップ

スケーラブル並列

・専用ケーブル1本の接続で自動的にマスター/スレーブを検出しパラメータを設定

・バス接続による高速応答性を実現

各種機能

・CV(定電圧)・CC(定電流)制御に加え、CP(定電力)制御も搭載

・メモリ機能搭載

・スルーレート機能搭載

・内部抵抗制御搭載

ワールドワイド対応の安全設計

・UL61010-1、CSA22.2 No. 61010-1、IEC61010-1、EN61010-1認証取得

サービス

・出力電圧/電流の設定・制御・データロギングを行うソフトをWEBより無償ダウンロード可能

・無償保証期間5年

【主要用途】

・自動車関連設備の検査、バッテリーの充電・検査

・半導体・液晶関連設備での抵抗加熱コントロール・磁場発生用途

・各種電着、電解剥離装置

・疑似バッテリーとして各種評価試験

・工業用自動機器、一般産業機器 など

■ラインアップ

 

■ 型名呼称方法

 

本製品の詳細をみる

本製品に関するご相談・お問い合わせ

製品トピックス