エレコム(株)Logitec メンテナンスコールPC

メンテナンスコールPCとは、オリジナルのアルゴリズムを搭載し、コンポーネントごとに寿命を予知してアラーム通知するタッチパネルPC、miniBOX PCです。

◆予知保全機能で稼働停止を極小化

利用方法、環境などからコンポーネントごとの寿命を予測、計画的な交換時期を通知することで事業・サービスの継続を支援します。

 

Case1)故障による作業の中断ができない製造管理、工程管理端末(タッチモデル事例)

ユーザーの課題

  • 端末が故障して利用できないと製造ラインや検査ラインが止まってしまい生産数量に影響が
  • 故障による保守対応も当日、翌日となり時間がかかる

 

 

 

メンテナンスコールPC導入による課題解決、メリット

  • 予知結果を事前に把握できるので、計画的に保守対応が可能
  • 最大12か月前から1か月単位で通知設定できるので余裕をもった保守日程の調整が可能
  • 手袋を付けたままで操作可能な抵抗皮膜方式のタッチパネルを採用

 

 

Case2)設置箇所が分散されるデジタルサイネージのコントロール端末(miniBOXモデル事例)

お客様の課題

  • 端末が故障してサイネージが放映できないと広告料支払のトラブルとなる可能性
  • そのため故障や修理なども含めて放映されない時間を極力削減したい

 

 

 

メンテナンスコールPC導入による課題解決、メリット

  • 予知結果を事前に把握できるので計画的に保守対応が可能
  • 厚さ39mmの薄型なので、スクリーン裏や筐体内部などの狭い環境への設置も可能
  • -20~60℃の動作温度範囲なので、版屋外のような環境にも設置可能

 

メンテナンスコールPCとは。。。。

オリジナルのアルゴリズムを搭載し、コンポーネントごとに寿命を予知してアラーム通知するタッチパネルPC、miniBOX PCです。

コンポーネントごとに寿命を予知してアラート通知!

  • そろそろ液晶パネルの寿命が近づいています。。。。
  • そろそろメモリの寿命が近づいています。。。。
  • そろそろSSDの寿命が近づいています。。。

6種類の専用拡張ボードで用途に合わせてインターフェースを追加することが可能です。

コンポーネント単位で部品を交換できるのでメンテナンスが非常に楽になります。

高い耐環境性能

最長10年間のオンサイト保守、もしくはデリバリー保守の契約可能

 

製品の価格

タッチパネルモデル

  • LKM-JT12(12インチモデル)
  • LKM-JT15(15インチモデル)

miniBOXモデル

  • LIG-JB17C(クライアントモデル)
  • LIG-JB17S(サーバモデル)

※本製品はオープンプライスとなっております。製品価格は、お問合せください。

主な特長

メンテナンスコールPCのメリット(導入効果)

コンポーネントごとの寿命を予測してアラート通知することで多くのメリットが生まれます。

  • 寿命予知アラートにより、急な業務停止を予防できます。
  • 事前通知のため、余裕をもってメンテナンスの日程調整ができます。
  • 不要な定期検査などの作業を削減できます。

予知の仕組み

コンポーネントごとの劣化材料と使用環境を基にした専用アルゴリズムで部品ごとの寿命を予知・予測します。

 

予知結果の通知方法

コンポーネントごとの寿命予知をアラートで通知します。

一括管理機能

サーバモデル経由で複数端末を一括管理できます。

◆オンプレミス時

複数のメンテナンスコールPCの状態を集約、同一ネットワーク上の管理者用PCへアラートメールを通知し、ログデータを出力することができます。

◆クラウド接続時

複数のメンテナンスコールPCの状態を遠隔で把握、遠隔地の管理者用PCへアラートメールを通知し、ログデータを出力することができます。

メンテナンスコールPCの特長

様々な業務シーンで利用できる仕様と充実したオプション

 

 

 

本製品の詳細をみる

本製品に関するご相談・お問い合わせ

製品トピックス