Softing  車両・ECU診断/リプログラミングツール DTS9シリーズ

掲載日:2020.6.17

自動車の開発・テスト・製造・サービスの全プロセスチェーンで診断は不可欠なタスクです。

複雑なソフトウェア制御が当たり前になったECUを安全に正確に診断するためには高品質のツールが必要です。

CANはもちろん、CAN-FD, Ethernet(DoIP)を対応する高機能な診断・リプログラミングツールです。

主な特長

標準仕様ベースの高機能診断ツールなので、車メーカに特定されず汎用的に使用できます。

車載ECUの診断はもちろん、機能テスト、品質保証テスト、リプログラミングなど、さまざまなアプリケーションエリアで使えるツールです。

・標準診断プロトコル:KWP2000, UDS, OBD, WWHOBD等対応

・通信バス:CAN, CAN-FD, Ethernet (DoIP), K-Line対応

・標準データフォーマット: データベースODX (ISO 2290-1)、テストシーケンスOTX(ISO 13209)

・Windowsベースの直感的な使いやすいツール

・車両・ECUと診断ツールを接続するパワフルなインターフェイスも用意

本製品の詳細をみる

本製品に関するご相談・お問い合わせ

製品トピックス