CAN・CAN FD測定機能搭載メモリハイコーダ史上最高クラスのMR6000が更に進化!   ※ベクター製VN1600ファミリーやKvaserなど各社I/Fに対応!

掲載日:2020.5.27

 

♪「測定中にCANバスに流れるデータを丸取り!測定後に選んで表示!」♪

日置電機のCAN・CAN FD測定機能搭載メモリハイコーダ史上最高クラスのMR6000が更に進化!※ベクター社のVN1600ファミリーやKvaser社のLeaf Light HS v2など各社に対応!

本体上でDBCファイル を読み込める!読み込んだ定義を使って、波形を表示!

主な仕様

・対応本体 : メモリハイコーダ MR6000/MR6000-01

・対応インターフェイス : ベクター製VN1600ファミリーやKvaserな各社に対応

・MR6000に接続可能なインターフェイス本数 : 最大 1本

・高速 CAN, CAN FD *

・測定可能なCANチャネル数 : 最大 4 チャネル*

・測定可能なCAN信号数 : CANバスに流れるデータをすべて記録

・同時表示可能なCAN信号数 : 最大 16

*各社インターフェースの仕様によって異なります。

※ベクターは、Vector Informatik GmbHを本社とするベクターグループを指し、日本支社はベクター・ジャパン株式会社です。

チラシはこちら

非接触CANセンサSP7001, SP7002の詳細はこちら

同時に電力変動測定されている方へ

主な特長

非接触CANセンサSP7001/SP7002 接続可能な製品例(技術資料)

被覆の上からCAN信号を検出

非接触CANセンサSP7000シリーズは、CANケーブルを加工したり、サブハーネスを使用したりする必要がなく、CANデータを取りたいときに、即座に信号を取得できます。

CAN解析システムの入力端子(Dsub 9pin)に本製品を接続するだけで簡単に使用できます。

本資料では、SP7000シリーズを接続できるCAN解析システム(HIOKI製品および他社製品)の具体例と、オシロスコープに入力する際の変換アダプタを紹介しています。

技術資料はこちら

本製品に関するご相談・お問い合わせ

製品トピックス