試作前にトラブルシュート!設計期間が30%削減できるCAE構造設計

掲載日:2020.5.14

こんなお悩みありませんでしょうか?

◆軽薄短小化に対して設計の限界値が見えない。
◆試作せずにいきなり本型発注は怖い。
◆輸送中での筐体変形が不安。
◆防水設計がうまくいくか分からない。

感覚での設計はもう卒業。今こそ、機構設計の手法を変える時です!
CAEを活用することでちょうどいい設計値を見つけることができます。

詳しくは↓

試作前にトラブルシュート!設計期間が30%削減できるCAE構造設計

製品の価格

ご依頼内容によって費用は変動いたします。

主な特長

CAEを活用すると最適寸法を設計段階で確認できます。

可変要素が多くてもCAEを活用すればどの程度設計的なマージンがあるかを把握でき、スペックに対して最適な設計値の算出が可能です。

設計力は「自信」から「確信」へ 悩むことなく定時退社が可能に!

活用いただいたお客様の大半が30%以上の開発期間を短縮できたと実感頂いております

本製品の詳細をみる

本製品に関するご相談・お問い合わせ

製品トピックス