IMV(株) 振動センサで機械の状態をモニタリング

掲載日:2019.12.9

予知保全は様々な計測器を用いて行われていますが、その中でも振動計測は最も一般的に採用されています。

圧電式加速度ピックアップ

振動ピックアップは振動を検知し電気信号に変換する機器です。通常、増幅器や振動計本体と接続して使用します。

データ収録解析ソフト WaveStoker

波形データの収録解析に最大16チャンネルの同時サンプリング計測により、的確なデータ収集と判断が可能です。現場測定、監視用途、研究開発などに幅広くご使用いただけます。

データロガー VM-0440

多チャンネルのデータを高サンプリングで取得。最大サンプリング周波数51.2kHzでの高サンプリングデータ取得を実現しました。

輸送環境記録計 タフロガー(TR-1000)

輸送手段ルートの検討・評価に衝撃・落下・温度湿度などの貨物の損傷要因の特定調査、耐振動評価、最適梱包の研究開発に。

 

デジタル式チャージ振動計(VM-1970)

振動数範囲1Hz ~ 100kHzをカバー測定値の換算や単位の変更は全て自動で行います。繁雑な作業が不要で読み取りも簡単です。

 

 

主な特長

■常時監視(推奨製品:ダイレクト出力振動ピックアップ)、研究開発 (推奨製品: Wave Stocker)

 

 

 

 

 

 

 

 

■輸送環境記録(推奨製品:タフロガー)

本製品の詳細をみる

本製品に関するご相談・お問い合わせ

製品トピックス