日本防振工業(株) ハイグレードダンピング三次元空気ばね式除振台 AHDシリーズ

掲載日:2019.2.7

 

 

チューンド・マス・ダンピング構造を内蔵した『ハイグレードダンピング・スチールハニカム定盤』と『高性能三次元空気ばねシステム』を組むことにより、最高レベルの除振性能を提供します。

定盤はそれぞれ固有の周波数に曲げ・ねじれの振動モードを持っており、寸法・形状によって全て異なります。この振動モードに合わせ、一つ一つ設計されたチューンド・マス・ダンピング構造を内蔵することにより、下記のコンプライアンス曲線のような共振ピークを抑えた高性能の定盤を実現しています。

上面のダンピングにより、作業面の共鳴を低下。落下防止ボトム構造のシールド加工も標準装備しています。

床からの振動に対しては、全方位対応三次元空気ばねを配置し、固有振動数は垂直方向1.2~1.8Hz、水平方向0.6~0.8Hzに抑え、下に示す伝達率を実現します。

主な特長

 

 

 

 

 

 

 

 

 

型式 AHD-1510T AHD-1512T AHD-1809T AHD-1810T AHD-1812T AHD-2010T AHD-2012T
除振方式 全方位対応三次元空気ばね
水平維持方式 メカニカルバルブによる自動式(レギュレータ―設定圧力:0.5MPa)
製品高さ(mm) 800
定盤寸法(WxD)(mm) 1500×1000 1500×1200 1800×900 1800×1000 1800×1200 2000×1000 2000×1200
定盤の厚さ(mm) 220
定盤内部 トラス型スチールハニカム構造
ハイグレードダンピング構造(チューンド・マス・ダンピング)
定盤上面 端面12.5mmより内部 25XY-M6タップ加工、シールド加工
着磁性ステンレス SUS430 5mm使用、ダンピング作業面
定盤側面 レザーシート貼り
定盤下面 ステンレス4mm
搭載可能重量(kg) 500
製品重量(kg) 450 500 490 520 575 560 625
標準付属品 φ6mmx5mチューブ・ワンタッチ継ぎ手(PT1/4オネジ)
オプション コンプレッサー

定盤と架台との間に防振ゴムを配置し、高いレベルの除振効果を必要としない研究、実験用の簡易型除振台もあります。

定盤の外形寸法やタップ加工の径・ピッチ等さまざまな特注対応が可能です。

本製品の詳細をみる

本製品に関するご相談・お問い合わせ

製品トピックス