大塚電子(株)分光放射照度測定システム IL series (MCPD series)

掲載日:2018.10.15

オプティカルファイバーによる自由な光学系と多彩なオプションユニットにより、最適なシステムを提供する「マルチチャンネル分光器」をベースにしている本装置「照度測定システム」。紫外~近赤外までの幅広い測定波長範囲を選べる検出器。高斜入射特性など用途に合った照度ヘッドの選択。基本となる照度測定を極限まで追求可能なシステムです。

主な特長

[特長]

  • 検出器は発光体測定、反射・透過測定、インプロセス測定で
    多数の実績がある高性能な分光光度計
  • 紫外から可視、可視から赤外と幅広い波長範囲をカバー
  • ソフトウェアでサンプル点灯電源、測定計器を一括制御
    L-I-V測定、パルス点等測定、サンプル温調測定にも対応可能
  • 装置校正用の標準ランプはJCSS校正事業者登録の自社部門より供給

[主な評価項目]

  • 照度、放射照度
  • 分光データ(分光放射照度)
  • その他の測定項目
  • 三刺激値XYZ、色度座標xy、uv、u’v’
  • 相関色温度、Duv、主波長、刺激純度
  • 演色性評価数Ra, R1~R15
  • ピーク波長、半値幅
  • 光量子束密度PFD、光合成光量子束密度PPFD

本製品の詳細をみる

本製品に関するご相談・お問い合わせ

製品トピックス