岩田電業(株) FTIR多成分排ガス高速分析装置 FAST-1300

掲載日:2021.10.26

 

 

 

 

 

 

 

 

触媒試験装置や各種化学実験装置では排出される反応ガスの流量が少なく、通常の自動車排出ガス分析装置で成分を測定するのは困難です。FAST-1300は、これらの実験に対応した極小流量(300ml/min)から5L/minまでのサンプルガス流量を、高精度で分析可能なFTIR排出ガス分析装置です。
NH3、N2O、SO2、HS、ホルムアルデヒド等を含め240種以上の検量ファイルをご提供しています。又、実験と解析のための色々なツールもご提供いたします。
装置は堅牢で可搬性が良く移動後の光学調整が不要の為、複数の実験設備で共用が可能になり大きな導入効果が期待できます。

高速・多機能 FTIR排出ガス分析装置:FAST-1000/20000/3000シリーズのカタログ(PDF)はこちらをご覧ください。

主な特長

・可搬型で光学調整が不要です。
・リアルタイムでの試験測定が可能です。
・小流量(300ml)で使用可能、触媒評価装置や流量の少ない実験での試験に最適です。
・サンプリング間隔は02秒の高速から、0.2秒の任意の整数倍に設定できます。
・サンプリング間隔を長くするとS/N比が向上し、データ量も圧縮される為定常試験には最適です。
・5.11m/200mlの長光路小型ガスセルと、0.5cm-1の高分解能で高速応答と高精度測定を実現しました。
・アナログ・デジタル入出力、温度入力などオプション機能が充実。
・リアルタイム32検量ファイル同時分析が可能です。
・測定温度は113℃、150℃、191℃が選択できます。
・ガソリン、ディーゼル、アルコール、天然ガスに対応した燃料と燃焼方式別に9種類のメソッドをご提供します。
・240種以上の検量マスターファイルをご提供します。
・測定中のサンプルスペクトルは全て収録ができます。収録したサンプルスペクトルを使い分析ガス種を変更・追加して再分析が可能です。
・収録したサンプルスペクトルを使い対象ガスの同定・定量や測定の確かさを各にすることができます。
・使いやすい日本語表示と、測定状況が一目で判る豊富なグラフ表示が好評です。

FAST-1300 仕様

・測定対象:ガソリン・ディーゼルエンジン、触媒装置及び焼却炉から排出される燃焼ガス
・燃料の種類:ガソリン、軽油、重油、バイオエタノール、天然ガス及び焼却炉焼却物
・測定成分数(オンライン):32検量ファイル
・検量ライブラリ(温度):150℃、191℃(113℃はオプション)
・提供メソッド:ガソリン、ディーゼル、天然ガス、エタノール用を測定目的別に9種類を標準添付
・マスターガスファイル:150℃及び191℃のマスターファイル240種類以上標準添付
・サンプルガスライン:1ライン
・サンプルガス流量:300ml/min~8L/min(要相談)
・サンプルラインガス温度:113℃、150℃、191℃に加熱可能
・測定赤外線波長域:400cm-1~7000cm-1
・分解能:0.5cm-1
・サンプリング周期:5Hz(5Hz以下の任意周期に設定機能あり)
・ガスセル容量/測定光路長:200ml/5.11m
・応答速度(T0-90)/再現性:サンプルガス流量に依存/フルスケール±1%以内
・測定スペクトルの保存:測定全サンプリングスペクトルの収録・保存が可能
・保存スペクトルの再分析 :任意のガスレシピによる再分析が可能
・推奨設置環境:5℃~35℃、相対湿度80%以下
・電源容量:AC100V 15A
・外形寸法(W×D×H):531×750×1126mm

本製品に関するご相談・お問い合わせ

製品トピックス