TDKラムダ 直流電子負荷装置 「SFLシリーズ」

掲載日:2021.1.12

SFLシリーズは負荷電力300W及び1kWの直流電子負荷装置です。電流立ち上がり時に発生しやすいオーバーシュートを高速電流フィードバック制御により抑制します。また、一般的な電子負荷にある最小動作電圧以下の電流不連続性を解消し、実抵抗と同様のゼロVから電流がリニアに応答する”電子抵抗特性”を実現しました。定電流(CC)、定抵抗(CR)、定電圧(CV)、定電力(CP)などの負荷モード設定により電流をコントロールすることで、疑似負荷として各種装置の評価試験を行うことが可能です。

インターフェースはUSBを標準装備し、オプションにてGPIB通信やリップルノイズ電圧測定機能にも対応しています。リップルノイズ電圧測定機能は電子情報技術産業協会(JEITA)規格が推奨する100MHzオシロスコープを用いたリップルノイズ測定と同等の測定を可能にします。

大容量用途の場合は、マスタースレーブ接続ケーブルを用いて、最大10kWのシステムを構成することができ、SFLシリーズは直流安定化電源、燃料電池、太陽電池などの負荷装置としてお使い頂けます。また、当社の直流安定化電源(GENESYS+など)と組み合わせることで、バッテリの充放電アプリケーションなどにも対応可能です。

主な特長

・負荷電力300W、1kW(電圧120Vもしくは500V)の4機種をご用意
・インターフェースUSBを標準装備
・高速電流フィードバック制御搭載(オーバーシュートを抑制)
・実抵抗に近い低電圧動作可能
・6つの負荷モードを搭載(定電流、定抵抗、定電圧、定電力、外部制御、短絡)
・マスタースレーブ接続ケーブルを用い、最大10kWのシステム構成可能
・リップルノイズ電圧測定機能をオプションにて対応可能

 

本製品の詳細をみる

本製品に関するご相談・お問い合わせ

製品トピックス