ケースレー ソースメータ 2450

ご存じですか?ケースレーのソースメータなら

  • 煩雑で面倒な複数機器の配線や操作、制御を簡素化でき、作業効率を大幅に向上できます。
  • DMMに起こりがちな内部抵抗による電圧降下誤差がないので、より正確な電圧/電流の印加測定ができます。
  • 電源・電子負荷とDMMを一体化でき、省スペース化がはかれます。

2450型はケースレーの次世代ソースメータ(SMU)であり、指先でオームの法則(電流、電圧、抵抗)テストが実行できます。
革新的なグラフィカル・ユーザ・インタフェース(GUI)と最新の静電容量方式タッチスクリーン技術により、直感的に操作できます。
操作方法習得に要する時間が短縮できるため、エンジニア/科学者はすぐに操作でき、作業に集中し、アイデアを形にできます。

2450型は汎用性の高いソースメータであり、最新の半導体、ナノスケール・デバイス、材料、有機半導体、プリンテッド・エレクトロニクス、その他小型・低消費電力のデバイスの特性評価に最適です。ケースレー製品の持つ、優れた測定確度、分解能、信頼性を継承しており、新しいTouch, Test, InventTMにより、まったく新しい、直感的な操作によるソース測定テストが可能になります。

*ソースメータ(SMU)は、デジタル・マルチメータ、電源、電子負荷、パルス・ジェネレータ、電流源の5種類の機能を1台に統合した計測器です。DC印加/測定を一台で同時に実現でき、マルチメータと電源を2台使用するよりも、はるかに高効率な測定が実現可能です。

主な特長

  • 5型(インチ)、高解像度静電容量方式タッチスクリーンを採用したタッチスクリーン・グラフィカル・ユーザ・インタフェース
  • 0.012%の基本測定確度と6 1/2桁の分解能
  • 20mVと10nAの印加/測定レンジによる感度の拡張
  • 印加/シンク(4象限)の動作
  • 迅速なセットアップ/測定のための4種類のクイックセット・モード
  • 状況対応の前面パネルでのヘルプ機能
  • 前面パネルにバナナ・ジャックを、後部パネルにトライアキシャル入力コネクタを装備
  • 2450型のために強化されたSCPIおよびTSPR記述プログラム・モード
  • 2400シリーズと互換性のあるSCPIプログラム・モード
  • 前面パネルにUSBメモリ・ポートを装備、データ/プログラム/I/O設定が容易に

本製品の詳細をみる

本製品に関するご相談・お問い合わせ

製品トピックス