(株)コンテック インテル第8世代Core iプロセッサ対応「VPC-1700、VPC-3100」

掲載日:2020.11.9

VPC-1700              VPC-3100

VPC-1700、VPC-3100は、2009年の発売以来FAコンピュータとして多くの採用実績があるVPCシリーズの後継モデルです。インテルQ370チップセットを採用し、第8世代インテルCoreプロセッサに対応しています。3つのGigabit LANポート、8つのUSBポート、DVI-I、HDMI、DisplayPortなどのインターフェイスを装備しています。製品構成はBTO(注文後組み立て)方式を採用しており、最大32GBのメモリ、ホットスワップ対応ハードウェアRAID(ミラーリング)構成などを選択可能です。

VPC-1700、VPC-3100は、従来モデルである「VPC-1600、VPC-3000」とそれぞれ外形での互換性を保ち、機能面を継承しつつも大幅に向上した演算処理能力の他、標準サイズのPCIボードを3枚実装することが可能です*1。従来モデルと比較して、VPC-1700は約3.4倍*2、VPC-3100は約1.9倍の処理スピード*2を実現しており、高度な画像処理や高速制御処理が必要なエッジコンピューティング環境にも対応します。

ネジ不要の着脱可能なフロントパネルを採用し、ストレージをはじめ、空冷ファン、防塵フィルタの寿命部品を本体前面から容易に交換ができる高いメンテナンス性を備えています。また、最長7年にわたり故障部品交換などのアフターサービスを提供する「オンサイト保守サービス(有料)」をご用意していますので、安心して導入いただけます。

主な特長

・第8世代(Coffee Lake)インテル Core シリーズCPU採用

・24時間連続稼働を前提に高信頼・長寿命部品を採用

・周辺機器を自在に拡張できる豊富なインターフェイス

・PCI ExpressとPCI用ボードが合わせて最大4枚実装可能

・長期供給・長期保守を実現

・従来モデルVPC-1600、3000と外形寸法および取り付け互換を実現

本製品の詳細をみる

本製品に関するご相談・お問い合わせ

製品トピックス