日置電機(株) メモリハイコーダ MR6000

掲載日:2018.3.16

MR6000は従来比10倍の200MS/秒の高速測定を可能にし、従来比32倍の高速リアルタイム保存を実現した、フラッグシップモデルとも言うべき製品です。

MR6000は装着するユニットを選択することで、インバータ性能試験で求められる高速・高電圧信号や、自動車、輸送機などの電子制御ユニット(ECU)の信号記録での多チャネルの測定、さらに電圧だけでなく、電流や温度、ひずみ、周波数などさまざまな物理現象を測定することができ、多現象測定では威力を発揮します。

MR6000と従来機MR8847との比較

MR6000と電流プローブCT6710シリーズを組み合わせての使用例

CAN, CAN FD測定機能追加

CANバス上には制御情報だけでなく、ECUが制御に必要とするセンサの情報も流れています。
これらの信号と一緒に、センサの入力信号である電圧、ひずみ、温度、流量、回転数、トルク、車速、振動などのアナログ値を同時に計測できます。
MR6000は、設定された記録時間内にCAN・CAN FDバスに流れるフレームデータをすべて取り込みます。測定後に確認したいシグナルを指定し、画面に表示して確認します。
その他デュアルサンプリング機能、XY波形表示機能、波形演算(周期演算)機能、FFT機能。

詳しくはこちら

 

製品の価格

  • MR6000(本体のみ, 入力ユニット最大8台まで)      標準価格 ¥1,250,000 (税別)
  • MR6000-01(本体のみ,リアルタイム波形演算他内蔵) 標準価格 ¥1,420,000 (税別)

 

  •  2020年9月現在の価格になります。
  • 価格については、予期なく変更する場合があります。
  • ご検討の際は予め弊社営業担当までお問い合わせください。

主な特長

  • 絶縁測定でありながら、全16ch同時、高速200MS/sを実現(アナログユニットU8976×8)
  • 入力スペース8スロット分を装備、最大アナログ32ch絶縁入力(アナログユニットU8975×8)
  • 256GB SATA-SSD内蔵(オプション)他、USB/SDメモリを利用可能
  • 記録媒体に最高従来比32倍の高速データ転送と、測定しながらリアルタイムデータ保存が可能
  • 見たい波形を簡単検索、波形検索機能:メモリハイコンシェルジュを搭載
  • タッチパネルの採用で設定や波形解析も感覚的に軽快操作

 

 

 

本製品の詳細をみる

本製品に関するご相談・お問い合わせ

製品トピックス