超音波工業(株) 超音波音速測定装置 UVM-2

掲載日:2019.4.18

本装置は金属、ガラス、液体など各種材料に超音波パルスを透過させ、シングアラウンド法による高精度な音速測定および得られた音速より等方性材料の弾性率の測定を行う装置です。AGC機能やゼロクロス法により測定者に依存しない安定した測定が可能です。また、超音波パルス法のため非破壊かつ比較的小型の試験片でも測定が可能です。

  • シングアラウンドユニット:UVM-2-8
  • 固体測定用セル:XM-0031
  • 液体測定用セル:AC-M2

*測定には別途オシロスコープが必要です。

 

主な特長

  1. 新材料の弾性率測定や音響特性測定に
  2. シングアラウンド法による高精度な音速測定
  3. AGC(Automatic Gain Control)及びゼロクロス法による測定者に依存しない測定
  4. 超音波を用いるため材料を非破壊で測定可能

本製品の詳細をみる

本製品に関するご相談・お問い合わせ

製品トピックス