エスペック(株) 冷熱衝撃装置 TSAシリーズ

掲載日:2012.8.31

TSAシリーズは、省電力・高精度にて熱衝撃試験が実施できる冷熱衝撃装置です。

従来機と比較し、消費電力の35%~50%低減を実現いたしました。

主な特長

  • 高精度で信頼度の高い試験の実施が可能
  • 試料温度をモニターすることで高精度の冷熱試験の実施が可能(オプション)
  • 新開発の冷凍回路システムにより、さらなる省エネを達成
  • 親しみやすいタッチパネルでの操作を採用
  • 霜付きを低減させ、1000サイクルの連続試験が可能(オプション)
  • 評価システムの連装も容易に実施可能
  • 信頼性の向上により、冷凍回路においては3年間を保証期間と設定

主な仕様

機種・型式 性能 内容量 試験方法
高温さらし 低温さらし
TSA EL 外囲温度

+50~+200℃

-65~0℃ ・40L ・70L ・100L
・200L ・300L
2ゾーン
ES +60~+200℃ -70~0℃ ・70L ・100L ・200L 2ゾーン
3ゾーン
EH +60~+200℃ -70~0℃ ・70L 2ゾーン
3ゾーン

※詳しくは、弊社営業担当までお問い合わせください。

本製品の詳細をみる

本製品に関するご相談・お問い合わせ

製品トピックス