冷凍空調機器 レンタルソリューションのご提案

掲載日:2020.9.28

冷凍空調機器の定期的な新製品開発を行うにあたり、設備の導入におけるコストカット、業務効率化の推進などの課題をお持ちではないでしょうか。
SMFLレンタルでは、このような時に役立てていただけるソリューションをご紹介しております。

CASE01 試験用電源の運用コスト削減

・電力消費量、電気料金を削減したい

・試験室のランニングコストを低減したい

菊水電子工業製「交流電源 PCR-WE2R」を短期レンタルでご提案。省エネモード+回生機能により消費電力の削減され、“電気料金の削減”に役立ちます。

CASE02 作業効率の向上 & 最新機種の導入

モーターの評価や耐久試験はデータ測定に長時間を要することが多く、複数台のオシロスコープも必要

最新機種「スコープ コーダ DL850EV」をご提案 最大200日分のデータ記録、最大32チャンネルの測定が可能。 “作業効率の向上”に役立ちます。

CASE03 高調波測定アプリケーション

・IEC61000-3-2で規定される電源高調波電流を測定したいが、常に使用するわけではない。

・測定系一式を評価期間のみ使用したい。

冷凍空調機器から発生する電源高調波電流の測定に使用される “測定器一式” をワンストップでご提案

※ご要望に合わせ測定用ソフトウェアをご提案いたします

詳しくはこちらのパンフレットをご覧ください。

 

本製品に関するご相談・お問い合わせ

製品トピックス