日本アビオニクス 発熱者の特定に特化したサーモグラフィ2機種を同時発売

掲載日:2020.7.2

ドーム型 D20A-FS

ハンディ型 G20A-FS

ドーム型スクリーニングイメージ

日本アビオニクスは人の体表温度から発熱の疑いがある人を被検者に近寄ることなく衛生的に特定する、発熱者スクリーニング用の赤外線サーモグラフィカメラ(以下、サーモカメラ) 【InfReC(インフレック)FS シリーズ】(以下新製品)を新たにラインアップし、7 月から出荷開始いたします。

学校、病院、公共施設、商業施設で安全な生活をサポートいたします。

新製品は、移動する人をモニタリングしながら計測することが可能なドーム型【D20A-FS】と、可搬して自由に計測することが可能なハンディ型【G20A-FS】の2機種となります。

各製品の測定時間は1 秒以内で、温度精度は±0.5℃(【D20A-FS】はオプションの黒体炉使用時±0.3℃)です。

体表温度と設置場所の環境温度から体温を推定するAI 機能を標準搭載しており、体温計に近くわかりやすい温度表示*が可能です。【D20A-FS】はサーモカメラに加えて可視カメラも搭載しており、マスク着用の有無にかかわらず複数人の顔を自動検出して温度測定する機能がございます。これにより、蛍光灯など背景の高温物による誤検知を減らします。また、【G20A-FS】は非常に小型・軽量で操作しやすく、8 時間のバッテリ駆動が可能となっております。いずれの機種も三脚に設置しての運用が可能です。

日本アビオニクスの製品は、日本の電気用品安全法や計量法をクリアしており、安心してご使用いただけます。また、設置に必要な構成品をパッケージ化し、分かりやすい日本語の取り扱い説明書を添付して販売いたします。さらに、カメラとセットアップ済みのPC をオプション販売し、到着後すぐにご使用いただくことができます。新製品の納期は最短で1 週間となっております。

高解像度で信頼性が高く、空港検疫所などで実績がある従来機種(R550Pro、R450SS、F50)とあわせて、様々なシーンに最適な機種をご提案いたします。

詳しくはこちら

R550Proの情報はこちら

R450SSの情報はこちら

F50の情報はこちら

本製品の詳細をみる

本製品に関するご相談・お問い合わせ

製品トピックス