NetAlly(ネットアレイ)LinkSprinter

掲載日:2019.11.26

有線ネットワークで重要な5つのネットワーク試験を行い通信接続性の検証を行います。

PoE供給および電圧、リンク試験、DHCP接続、ゲートウェイ接続、インターネット接続を検証。

ケーブルを接続するだけの簡単操作でテストを開始。

テスト結果はLink-Liveクラウドサービスへ自動保存、登録した E-mail への通知、スマートフォンなどのWi-Fi端末での詳細確認が可能。

製品の価格

LSPRNTR-300 ¥65,000(税抜き)

  • 2019年12月現在の価格になります。
  • 価格については、予期なく変更する場合があります。

主な特長

パワー・オーバー・イーサネット (PoE) テスター

LinkSprinterは特定のポートを通して、電話、監視カメラ、またはアクセス・ポイントが給電されることを確認できるパワー・オーバー・イーサネット(PoE)テスターにもなります。

LinkSprinterは電池を使わずPoEでも動作します。

 

スイッチへのリンク

スイッチ・テストを実行すると、CDP/LLDP/EDP を使用して、接続先のスイッチ名、モデル、スロット、ポート、および VLAN を確認できます。利用可能な速度やデュプレックス設定を把握できます。

 

DHCP 接続

DHCP サーバーが正常に動作し、応答することを確認できます。IP アドレスの要求、サブネット情報の取得、DNS のトラブルシューティング、およびデフォルト・ゲートウェイや DNS サーバーの識別が可能です。

 

ゲートウェイ接続

ゲートウェイ/ルーター に対して Ping を実行して、アドレスと到達可能性を確認できます。

 

インターネット接続

クラウドの接続性や社内向けサービスへの到達可能性を確認できます。DNS ルックアップやアプリケーション・ポートの接続性を確認できます。

 

モバイルデバイスとLink-Liveクラウドサービス

LinkSprinterに組み込まれたWi-Fiホットスポットでモバイルデバイスを使用して、詳細なテスト結果を表示し、コメントを追加し、ケーブルテストを実行します。

無料のLink-Liveクラウドサービスを使用してテスト結果のアップロードと管理が可能。レポートは自動で作成してくれます。

本製品の詳細をみる

本製品に関するご相談・お問い合わせ

製品トピックス