ノイズ研究所 インパルスノイズ試験器(半導体リレー方式) INS-S420

掲載日:2021.7.19

インパルスノイズ試験器はスイッチングデバイスの接点間の放電、電子モーターから発生するアーク放電などによる立ち上がりの早い高周波ノイズを模擬的に発生し、電子機器の耐性を評価する試験器です。発生する試験パルスには、広帯域の周波数成分が含まれ、パルス幅の可変によりエネルギー量を変化させる事ができ、市場でのノイズトラブルに対して、再現性の高い試験が行えます。

暫定カタログ(PDF):こちらをご覧ください。

詳細は7月26日に公開予定。

本製品に関するご相談・お問い合わせ

製品トピックス