R&S NGA100 直流電源登場!

R&S NGA100 直流電源は優れたリニア特性を持ち、コンパクトで使いやすい製品です。高確度なリードバック機能を持ち、要求の厳しい低電流レンジにおける評価に最適です。

データロギング、任意波形、組み込み統計、リモートセンシングなどの機能により、機器はさまざまなベンチアプリケーションにご利用いただけます。

さらに、USBやイーサネットなど、さまざまなリモートインターフェイスを備えており、自動テストにも最適です。
チャネルフュージョン機能は、電圧と電流の範囲を拡張します。シリアルモードのR&S NGA142で最大200 V、パラレルモードのR&S NGA102で最大12Aの出力を実現します。また、高度な保護機能により、デバイスの接続と電源の安全性が維持されます。

リニアな特性

高度な電子回路は複雑で、供給ラインの干渉に敏感な場合がよくあります。リニア出力に注力した設計により、R&S NGA100直流電源は、最小の残留リップルとノイズで動作します。非常に安定した出力電圧と電流を供給できるため、敏感なコンポーネントの開発において最適な製品となっています。

高確度なリードバック機能

R&S NGA100は、低電圧および低電流レベルでもデバイスの実際の消費電力の正確な測定や、再現するための優れたプログラミングおよびリードバック精度を備えています。これらの組み込み測定により、外部マルチメータの必要性が減り、セットアップが簡素化されます。

独立したチャネル(R&S NGA102およびR&S NGA142)

2つのチャネルは完全な個別回路であり、シャーシのアースに接続されていないため、+ 12 V / –12 Vを必要とする可能性のあるバイポーラ回路のチャネルを簡単に構成できます。両方のチャネルは電気的に同等で、電圧、電流、電力は同じです。 2つのチャネル個別の電源として機能し、個別あるいは同時に操作できます。

詳しいカタログ(16ページ)はこちら(PDF)

リーフレット(2ページ)はこちら(PDF)

主な特長

チャネル数:NGA101, NGA141: 1 チャネル / NGA102, NGA142: 2 チャネル

最大出力電力(各チャネル):40 W

出力電圧(各チャネル):NGA101, NGA102: 0 V ~ 35 V / NGA141, NGA142: 0 V ~ 100 V

出力電流(各チャネル):NGA101, NGA102: 6 A / NGA141, NGA142: 2 A

負荷回復時間:NGA101, NGA102: < 100 μs / NGA141, NGA142: < 50 μs

本製品に関するご相談・お問い合わせ

製品トピックス