テクトロニクス ミックスド・ドメイン・オシロスコープ MDO3000シリーズ

掲載日:2014.4.1

MDO3000シリーズ・ミックスド・ドメイン・オシロスコープには、スペクトラム・アナライザ、ファンクション・ジェネレータなど

6つの汎用計測機の搭載が可能であり、1台でアナログ信号、デジタル信号、RF信号を取込むことができます。

設計課題の変化に伴い、機器や解析機能を追加することや、帯域を拡張することもできます。

製品ラインナップ

型名 アナログ
帯域
サンプル・
レート
レコード長 アナログ・
チャンネル数
デジタル・
チャンネル数
RF入力 Function
Generator
Output
MDO3012型 100MHz 2.5GS/s 10Mポイント 2 16(オプション) 1 1(オプション)
MDO3022型 200MHz 2.5GS/s 10Mポイント 2 16(オプション) 1 1(オプション)
MDO3014型 100MHz 2.5GS/s 10Mポイント 4 16(オプション) 1 1(オプション)
MDO3024型 200MHz 2.5GS/s 10Mポイント 4 16(オプション) 1 1(オプション)
MDO3032型 350MHz 2.5GS/s 10Mポイント 2 16(オプション) 1 1(オプション)
MDO3034型 350MHz 2.5GS/s 10Mポイント 4 16(オプション) 1 1(オプション)
MDO3052型 500MHz 2.5GS/s 10Mポイント 2 16(オプション) 1 1(オプション)
MDO3102型 1GHz 2.5GS/s 10Mポイント 2 16(オプション) 1 1(オプション)
MDO3054型 500MHz 2.5GS/s 10Mポイント 4 16(オプション) 1 1(オプション)
MDO3104型 1GHz 2.5GS/s 10Mポイント 4 16(オプション) 1 1(オプション)

※詳しくは、弊社営業担当までお問い合わせください。

製品の価格

お問い合わせください

主な特長

ミックスド・ドメイン・オシロスコープ+スペクトラム・アナライザ

全機種スペクトラム・アナライザが標準で搭載されており、RF信号をオシロスコープの周波数帯域まで解析できます。
Opt. MDO3SAは、スペクトラム・アナライザの周波数帯域を3GHzまで拡張します。

Wave Inspector® Navigation

前面パネルの専用コントロールを使用すると、10Mポイントのレコードを容易にズームまたは移動することができます。
自動検索機能を使用すると、あらかじめ定義したイベントのすべてにマークを付け容易に表示できます。

任意波形/ファンクション・ジェネレータを搭載(オプション)

MDO3000シリーズの任意/ファンクション・ジェネレータは作業ベンチを占有せずに、センサまたは未完成のシステム・ブロックを
シミュレートしてクローズド・ループ・テストが実行可能。実際の信号をオシロスコープで取込み、それらを最大128kポイントの
メモリ長を使って任意波形として複製/出力することが1台で可能。

ロジック・アナライザ(オプション)

組込み設計のデジタル部分のデバッグが可能。 システムのタイミング上の課題を視覚的に表示。

シリアル/パラレル・バスのトリガ/解析

自動化されたトリガ/デコード/検索機能により、パラレル・バス、代表的なシリアル・バスが迅速にデバッグできる。

デジタル・ボルト・メータ/周波数カウンタ

Webからの製品登録で、 DC電圧、AC+DC RMS、AC RMS、周波数の高速測定を可能に。(無料)

筐体を極限まで小型化

スペクトラム・アナライザ、任意波形/ファンクション・ジェネレータ、ロジック・アナライザ、プロトコル・アナライザ、デジタル・ボルト・メータ/周波数カウンタを、1台のオシロスコープに搭載。作業上の貴重なスペースを広く使える。
奥行きはわずか14.7cm、質量4kgながら、9型(229mm)WVGAディスプレイを搭載。

アップグレード可能

設計のデバッグ/検証のニーズは年々変わります。 必要とされるアナログ周波数帯域、スペクトラム・アナライザの周波数レンジ、任意波形/ファンクション・ジェネレータ、デジタル・チャンネル(MSO)、シリアル・トリガ、解析パッケージなどをご購入後アップグレードできるため、数年先までその利便性は変わりません。

本製品の詳細をみる

本製品に関するご相談・お問い合わせ

製品トピックス