神栄テクノロジー NEW ウェブセミナーのご案内 

掲載日:2021.7.2

神栄テクノロジーで開催予定の2021年度セミナー年間計画をお知らせします。参加ご希望の方は「受付中」から必要事項を記入し登録をお願い致します。
※諸事情によりセミナー日程/テーマの変更、開催中止する場合があります。

——————————————-
テーマ: 適正包装設計のための緩衝材設計
——————————————-
日時:2021/7/7(水)14:00-15:00
場所:オンライン
参加費:無料
参加人数:先着20名
説明:

適正包装設計のためには、緩衝材の材料特性(クッションカーブ)を活用し、緩衝材設計(適切な厚み、受圧面積)を求める必要がある。

ここでは、クッションカーブの意味合いと、そこから緩衝材サイズの計算方法について紹介する。

参加申込URL: http://c.bme.jp/7/2310/299/2565

——————————————-
テーマ: 温湿度の測定・試験技術を通じた製品設計および物流環境の信頼性向上
——————————————-

日時:2021/7/15(木) 14:00-15:00
場所:オンライン
参加費:無料
説明:

ゲスト講師:エスペック様

製品の物流過程では、温度や湿度が製品の品質劣化や損傷を生じさせる要因となっている。
流通市場における温湿度関連の不具合を防止するために、輸送中の温湿度管理や、製品開発段階での温湿度環境試験が行われている。
ここでは、「温湿度」をキーワードとした、物流環境温度管理や環境試験について、最近のトピックスを紹介する。

【スケジュール】
14:00-14:20 「温度計測による物流環境の信頼性確保」 神栄テクノロジー

14:20-14:40 「医薬品(ワクチン等)における物流課題と日本版GDP」 エスペック株式会社
概要:2018年12月に日本版GDPが発出され、医薬品等の輸送時におけるリスクアセスメントがより注目されるようになった。また、ワクチンなどのバイオ医薬品においてはタンパク質の凝集が問題になっている。それらの評価の為、温度と振動を同時に加えた輸送試験ニーズが出て来ている。ここではこれらのニーズを実現する新しい輸送試験方法を紹介する。

14:45-15:00 質疑応答
(内容は予告なく変更となる場合があります)

参加申込URL: http://c.bme.jp/7/2310/299/2565

——————————————-
テーマ: 輸送環境調査の基礎
——————————————-
日時:2021/7/28(水)14:00-15:00
場所:オンライン
参加費:無料
説明:

輸送過程ではトラック振動、荷役時の落下衝撃などにより、製品や外装箱に不具合が生じる。輸送環境調査とは、これら輸送中に生じる振動衝撃や温湿度を数値化し、包装改善や物流過程の見直しが行われる。

ここでは、輸送環境調査の基本情報として、調査の流れ、計測器の種類と利用方法について解説する。

参加申込URL: http://c.bme.jp/7/2310/299/2565

——————————————-
テーマ: 輸送環境データ解析 基礎編
——————————————-
日時:2021/8/6(金)14:00-15:00
場所:オンライン
参加費:無料
説明:

輸送環境調査で得た各種データを解析する方法として、パワースペクトル密度(PSD)、落下高さ解析などがある。

ここではこれらデータ解析方法と包装貨物試験方法への適用について、その一部を紹介する。

参加申込URL: http://c.bme.jp/7/2310/299/2565

——————————————-
テーマ: 輸送振動データ解析 応用編
——————————————-
日時:2021/8/26(木)14:00-15:00
場所:オンライン
参加費:無料
説明:

輸送環境調査では、トラック振動や貨物内部の衝撃データを記録する。

ここでは、当社で独自に調査した事例として、輸送環境データベースに掲載されているデータの紹介と、それをもとにした振動試験条件の設定事例を紹介する。

参加申込URL: http://c.bme.jp/7/2310/299/2565

——————————————-
テーマ: 加速度計測の基礎
——————————————-
日時:2021/9/9(木)14:00-15:00
場所:オンライン
参加費:無料
説明:

落下試験や衝撃試験では、加速度計測機器を用いて、発生する衝撃加速度を記録する場合がある。

ここでは、加速度を測定するために関わる
・データ記録方法
・センサの質量影響
・フィルタリング
・ケーブル取り扱い
などについて測定のためのポイントを紹介する。

参加申込URL: http://c.bme.jp/7/2310/299/2565

——————————————-
テーマ: 衝撃応答スペクトル解説
——————————————-
日時:2021/9/22(水)14:00-15:00
場所:オンライン
参加費:無料
説明:

衝撃加速度の解析手法の一つとして「衝撃応答スペクトル(SRS)」がある。

ここではSRSの物理的意味合いとともに、活用事例として、SRSによる衝撃試験方法、緩衝包装設計のための新しい衝撃評価方法についてふれる。

参加申込URL: http://c.bme.jp/7/2310/299/2565

——————————————-
テーマ: 輸送包装研究の最新動向2021
——————————————-
日時:2021/10/14(木)14:00-15:00
場所:オンライン
参加費:無料
説明:

ゲスト講師:神戸大学様

輸送包装分野研究の最新動向として、神戸大学輸送包装研究室にて行われている研究事例を紹介する。

【スケジュール】
14:00-14:10 (発表10分)
タイトル:輸送包装設計の基礎
講師  :神栄テクノロジー

14:10-14:25 (発表10分+質疑5分)
発表者1:海原大智 様(神戸大学大学院博士前期課程)
タイトル:激動試験機を用いた輸送振動再現試験に関する研究
概要  :輸送包装物に作用する振動加速度から得られる蓄積疲労の面から激動試験の手順を明瞭化し、その有効性について検証する。

14:25-14:40 (発表10分+質疑5分)
発表者2:平田宜己 様(神戸大学大学院博士前期課程)
タイトル:静荷重後の段ボール箱残存圧縮強度に関する研究
概要  : 一定期間静荷重が作用した後の、段ボール箱の圧縮強度について実験的に検討する。

14:40-14:55 (発表10分+質疑5分)
発表者3:佐々木駿 様(神戸大学)
タイトル:スマートフォンによる輸送車両荷台振動計測
概要  :スマートフォンを用いても実用上十分な精度で荷台振動を計測解析評価できるかを、加速度実効値と尖度を評価基準として実験的に検討する。

14:55-15:00 (質疑5分)
質疑応答(全体)

参加申込URL: http://c.bme.jp/7/2310/299/2565

——————————————-
テーマ: 包装貨物試験規格
——————————————-
日時:2021/10/21(木) 14:00-15:00
場所:オンライン
参加費:無料
説明:

包装貨物の評価試験として、落下試験、振動試験、圧縮試験などが行われる。

ここでは、このような試験に該当する試験規格として「JISZ0200:2013 包装貨物性能試験方法一般通則」を主に解説する。

参加申込URL: http://c.bme.jp/7/2310/299/2565

【ウェブセミナー開催年間スケジュール】

http://c.bme.jp/7/2310/472/2565

(一般事項)

※本セミナーは、参加者同士のディスカッションワークはなく、講師からの情報提供が主体となります。ただし質疑応答は可能です。

※セミナーログイン時、専用ソフトウェアが自動的にPCにインストールされます。

もしソフトウェアがインストールできない場合は、ブラウザからも参加可能です。
ブラウザログイン詳細:http://c.bme.jp/7/2310/51/2565
推奨ブラウザ:Google Chrome

※複数参加について

1台のPCに対し、1登録とさせていただきます。
1台のPCで複数名様が聴講する場合は、代表者様1名の申し込みをお願いします。
同じ会社・部署でも接続PCが複数になる場合は個別にお申込みをお願いします。

イベントの詳細