神栄テクノロジー NEW ウェブセミナーのご案内 

掲載日:2021.5.10

神栄テクノロジーで開催予定の2020年度セミナー年間計画をお知らせします。参加ご希望の方は「受付中」から必要事項を記入し登録をお願い致します。
※諸事情によりセミナー日程/テーマの変更、開催中止する場合があります。

——————————————-
テーマ:物流安全のための取り組み (終了しました)
——————————————-
日時:2021/6/17(木)14:00-15:00
場所:オンライン
参加費:無料
説明:

製品の物流環境では、振動、落下衝撃、圧縮、結露などさまざまな要因によって製品破損が発生しています。

ここでは上記のような物流ロスを減らすための取り組みとして、製品設計/包装設計からみた対策と、物流環境の数値化による対策方法について事例を交えて紹介します。

【ウェビナースケジュール】

1. 製品および包装設計からみた物流ロス対策(15分)
講師:神栄テクノロジー

2. 輸送品質の見える化を通じた製品事故対策~保険会社だからこそ見える気づき~(30分)
講師:東京海上日動調査サービス株式会社企画業務部 物流ロスプリグループ
ロスプリ&テクノロジー戦略チーム
江松 久貴 様

3. 質疑応答(15分)

注意事項
・録画、画面キャプチャは禁止とさせていただきます。
・損害保険会社関連の方は申し訳ございませんが、ご参加いただけません。

ゲスト講演:東京海上日動調査サービス様

参加申込URL: http://c.bme.jp/7/2310/182/2565

 

——————————————-
テーマ: 包装用材料の力学
——————————————-

日時:2021/6/24(木)14:00-15:00
場所:オンライン
参加費:無料
説明:

適正包装設計のためには、緩衝材料の緩衝性能を理解しておく必要がある。

ここでは、緩衝材料の力学基礎として、物理的物性(変位荷重線図、応力ひずみ線図)から、緩衝係数への導出とともに、クッションカーブ(最大加速度静的応力線図)の変換方法について理論背景から解説する。

参加申込URL: http://c.bme.jp/7/2310/299/2565

——————————————-
テーマ: 適正包装設計のための緩衝材設計
——————————————-
日時:2021/7/8(木)14:00-15:00
場所:オンライン
参加費:無料
参加人数:先着20名
説明:

適正包装設計のためには、緩衝材の材料特性(クッションカーブ)を活用し、緩衝材設計(適切な厚み、受圧面積)を求める必要がある。

ここでは、クッションカーブの意味合いと、そこから緩衝材サイズの計算方法について紹介する。

参加申込URL: http://c.bme.jp/7/2310/299/2565

——————————————-
テーマ: 輸送環境調査の基礎
——————————————-
日時:2021/7/28(水)14:00-15:00
場所:オンライン
参加費:無料
説明:

輸送過程ではトラック振動、荷役時の落下衝撃などにより、製品や外装箱に不具合が生じる。輸送環境調査とは、これら輸送中に生じる振動衝撃や温湿度を数値化し、包装改善や物流過程の見直しが行われる。

ここでは、輸送環境調査の基本情報として、調査の流れ、計測器の種類と利用方法について解説する。

参加申込URL: http://c.bme.jp/7/2310/299/2565

——————————————-
テーマ: 輸送環境データ解析 基礎編
——————————————-
日時:2021/8/6(金)14:00-15:00
場所:オンライン
参加費:無料
説明:

輸送環境調査で得た各種データを解析する方法として、パワースペクトル密度(PSD)、落下高さ解析などがある。

ここではこれらデータ解析方法と包装貨物試験方法への適用について、その一部を紹介する。

参加申込URL: http://c.bme.jp/7/2310/299/2565

——————————————-
テーマ: 輸送振動データ解析 応用編
——————————————-
日時:2021/8/26(木)14:00-15:00
場所:オンライン
参加費:無料
説明:

輸送環境調査では、トラック振動や貨物内部の衝撃データを記録する。

ここでは、当社で独自に調査した事例として、輸送環境データベースに掲載されているデータの紹介と、それをもとにした振動試験条件の設定事例を紹介する。

参加申込URL: http://c.bme.jp/7/2310/299/2565

——————————————-
テーマ: 加速度計測の基礎
——————————————-
日時:2021/9/9(木)14:00-15:00
場所:オンライン
参加費:無料
説明:

落下試験や衝撃試験では、加速度計測機器を用いて、発生する衝撃加速度を記録する場合がある。

ここでは、加速度を測定するために関わる
・データ記録方法
・センサの質量影響
・フィルタリング
・ケーブル取り扱い
などについて測定のためのポイントを紹介する。

参加申込URL: http://c.bme.jp/7/2310/299/2565

——————————————-
テーマ: 衝撃応答スペクトル解説
——————————————-
日時:2021/9/22(水)14:00-15:00
場所:オンライン
参加費:無料
説明:

衝撃加速度の解析手法の一つとして「衝撃応答スペクトル(SRS)」がある。

ここではSRSの物理的意味合いとともに、活用事例として、SRSによる衝撃試験方法、緩衝包装設計のための新しい衝撃評価方法についてふれる。

参加申込URL: http://c.bme.jp/7/2310/299/2565

【ウェブセミナー開催年間スケジュール】

http://c.bme.jp/7/2310/472/2565

(一般事項)

※本セミナーは、参加者同士のディスカッションワークはなく、講師からの情報提供が主体となります。ただし質疑応答は可能です。

※セミナーログイン時、専用ソフトウェアが自動的にPCにインストールされます。

もしソフトウェアがインストールできない場合は、ブラウザからも参加可能です。
ブラウザログイン詳細:http://c.bme.jp/7/2310/51/2565
推奨ブラウザ:Google Chrome

※複数参加について

1台のPCに対し、1登録とさせていただきます。
1台のPCで複数名様が聴講する場合は、代表者様1名の申し込みをお願いします。
同じ会社・部署でも接続PCが複数になる場合は個別にお申込みをお願いします。

イベントの詳細