神栄テクノロジー NEW ウェブセミナーのご案内 

掲載日:2020.6.26

神栄テクノロジーで開催予定の2020年度セミナー年間計画をお知らせします。参加ご希望の方は「受付中」から必要事項を記入し登録をお願い致します。
※諸事情によりセミナー日程/テーマの変更、開催中止する場合があります。

——————————————-
テーマ:衝撃試験データ解析と応用
——————————————-
日時:2020/07/10(金)14:00-15:00
場所:オンライン
参加費:無料
参加人数:先着20名
参加申込URL: http://c.bme.jp/7/2310/44/2565

——————————————-
テーマ:輸送環境調査の基礎
——————————————-
日時:2020/07/21(火)14:00-15:00
場所:オンライン
参加費:無料
参加人数:先着20名
概要:輸送過程ではトラック振動、荷役時の落下衝撃などにより、製品や外装箱に
不具合が生じる。輸送環境調査とは、これら輸送中に生じる振動衝撃や温湿度を
数値化し、包装改善や物流過程の見直しが行われる。
ここでは、輸送環境調査の基本情報として、調査の流れ、計測器の種類と利用
方法について解説する
参加申込URL: http://c.bme.jp/7/2310/45/2565

——————————————-
テーマ:輸送データ解析と応用
——————————————-
日時:2020/08/05(水)14:00-15:00
場所:オンライン
参加費:無料
参加人数:先着20名
概要:輸送環境調査で得た各種データを解析には、パワースペクトル密度(PSD)や
落下高さ解析などがある。ここではこれらデータ解析方法と包装貨物試験方法への
適用について、その一部を紹介する。
参加申込URL: http://c.bme.jp/7/2310/46/2565

——————————————-
テーマ:落下衝撃試験研究事例
——————————————-
日時:2020/08/27(木)14:00-15:00
場所:オンライン
参加費:無料
参加人数:先着20名
概要:落下衝撃試験に関わる研究事例として、主に適正包装設計のための試験方法について
下記3点の概要を解説する。
1.衝撃応答スペクトルを用いた緩衝包装評価試験方法
→緩衝包装設計を最大加速度でなく、製品が破損する条件をもとに定量評価を行う
2.1試料のみ正弦半波衝撃パルスを用いた損傷境界曲線の導出
→JISZ0119では煩雑すぎる試験を、より簡易化した方法を検討
3.ハイブリッド自由落下試験
→製品を包装落下試験で破損させないための新しい落下試験方法
参加申込URL: http://c.bme.jp/7/2310/69/2565

——————————————-
テーマ:落下衝撃試験の基礎
——————————————-
日時:2020/09/15(火)10:30-11:30
場所:オンライン
参加費:無料
参加人数:先着20名
概要:落下衝撃試験は、輸送中・使用環境で生じる落下衝撃を再現させる試験で、電子機器に
関わる産業界に広く利用されている。ここでは、落下衝撃試験の基礎として、試験機器
と試験規格、衝撃加速度の物理的意味合い、衝撃パルスの見方など、衝撃試験を行うた
めの基本的な情報を提供する
参加申込URL: http://c.bme.jp/7/2310/70/2565

——————————————-
テーマ:輸送データ解析と応用
——————————————-
日時:2020/09/15(火)14:00-15:00
場所:オンライン
参加費:無料
参加人数:先着20名
概要:衝撃試験で利用されている衝撃応答スペクトル(SRS)の解説とともに、SRSを用いた
試験方法(損傷境界曲線:JISZ0119、等価落下試験:JISZ0202)や応用事例について紹介する。
参加申込URL: http://c.bme.jp/7/2310/71/2565

——————————————-
テーマ:適正包装設計のための緩衝材料試験
——————————————-
日時:2020/10/14(水)14:00-15:00
場所:オンライン
参加費:無料
参加人数:先着20名
概要:適正包装設計のためには、緩衝材料毎に衝撃吸収特性データ(クッションカーブ)を
把握しておく必要がある。
クッションカーブと製品の損傷境界曲線を組み合わせることで、緩衝材料の適切な厚み、
面積が算出でき、適正包装設計に繋がる。
ここでは、クッションカーブを同定するための試験装置と試験規格(JISZ0235)ととも
に、緩衝材料ボリュームの具体的計算例を紹介する。
参加申込URL: http://c.bme.jp/7/2310/72/2565

※本セミナーは、参加者同士のディスカッションワークはなく、
講師からの情報提供が主体となります。ただし質疑応答は可能です。

※セミナーログイン時、専用ソフトウェアが自動的にPCにインストールされます。
もしソフトウェアがインストールできない場合は、ブラウザからも参加可能です。
ブラウザログイン詳細:http://c.bme.jp/7/2310/51/2565
推奨ブラウザ:Google Chrome

※複数参加について
1台のPCに対し、1登録とさせていただきます。
1台のPCで複数名様が聴講する場合は、代表者様1名の申し込みをお願いします。
同じ会社・部署でも接続PCが複数になる場合は個別にお申込みをお願いします。

 

 

イベントの詳細