MEGURO VSA6G2A USB Vector Spectrum Analyzer

掲載日:2018.11.12

野外でのRF信号のモニタリングやフィールドテスト、通信機器の設置作業に便利に使用できます。
また、小型の電磁界プローブと組み合わせて机上でのEMCテストに最適です。

IoT機器の増える中、室内外でのRF信号のモニタリングやフィールドテスト、あるいは通信機器の設置作業など、様々なシーンで電波の干渉状態調査する機会が増えています。
また、電波障害対策として、開発の初期段階から製品のEMCに対する測定が増えてきています。
もはやスペクトラムアナライザは特殊な測定器ではなく、オシロスコープやDVMの様な身近な測定器の一つになりつつ在ります。
VSA6G2Aは基本的な機能を備え、小型軽量でポータブル且つリーズナブルなスペクトラムアナライザです。
測定範囲は100Hz~6.2GHzと広く、IoTの殆どの帯域をカバーし、WifiやBuletoothはもとより、電磁調理機、モータ、インバータなどから発生する電磁波の測定も可能です。
筐体は金属製で堅牢、ハンドリングも容易です。専用のアプリソフトはマウス操作がし易く、測定設定条件の保存や呼び出し、測定データ(IQデータ)の記録や再生がスムーズに行え大変便利です。
電源はPCのUSB3.0ポートからの給電で、5V-0.67A-3.35Wです。

主な特長

  • 測定周波数範囲は 100Hz から 6.2GHzです。
  • 周波数レンジはLow band(100Hz~2MHz)とHigh band(1MHz~6.2GHz)の2レンジになります。
  • SPANはFFTモードでは、100Hz~1.35MHz、PLLモードでは1.35MHz~6.188GHzの設定が可能です。
  • FFTモードでの Sweep timeは3.33ms~40s、RBW (resolution bandwidth)は0.2Hz~27KHzです。
  • PLLモードでの Sweep timeは262ms~200s、RBWは10KHz~1MHzです。
  • 測定レンジは -140dBm から 24dBmでノイズレベル(DANL) は-140dBmです。
  • 形状は100mm x 25mm x 25mmで重さはわずか95g、片手で扱いやすい大きさです。
  • 電源はPCの3.0USBポートからの給電でOK。0℃~+50℃の環境で使用可能です。
  • 付属品はN→SMA変換するコネクタ、PCと接続するUSBケーブル、I/Qポート用のMMCXケーブル、アプリケーションソフト。

 

本製品の詳細をみる

本製品に関するご相談・お問い合わせ

製品トピックス