(株)ノイズ研究所 広帯域スリーブアンテナ NKU07M32G/NKU07M60G

掲載日:2018.11.2

広帯域スリーブアンテナは、携帯電話などの無線機より輻射される電磁波のイミュニティ評価試験(近傍電磁界イミュニティ試験)を効率よく行う為に開発されたアンテナです。

従来の近傍界での強電磁界イミュニティ試験では、個々の周波数に応じてアンテナを交換する必要がありましたが、この広帯域スリーブアンテナを用いることでアンテナの交換が不要となり、試験時間を大幅に短縮することができます。

製品の価格

NKU07M32G(広帯域スリーブアンテナ3.2Gタイプ) : 標準価格¥300,000(税別)

NKU07M60G(広帯域スリーブアンテナ6Gタイプ) : 標準価格¥400,000(税別)

02-00147A(フレキシブルアンテナハンドル) : 標準価格¥150,000(税別)

  • 2018年11月現在の価格になります。
  • 価格については、予期なく変更する場合があります。

主な特長

  • 広い周波数特性のため、アンテナの交換をせずに試験をおこなうことができます。
  • 耐電力が20W(3.2G 以上は15W) ありますので、強電磁界の試験ができます。
  • 低いVSWR、高GAIN のため効率よく電磁波を輻射することができます。
  • 良好なVSWR の平坦性より、デジタル変調等のブロードバンド帯域での信号にも適しています。
  • 小型・軽量でフラットな形状のため、狭い場所でも近接照射試験を行うことができます。
  • アーム部分を曲げることができますので、試験時の取扱い・取り回しに優れています。

本製品の詳細をみる

本製品に関するご相談・お問い合わせ

製品トピックス