ローデ・シュワルツ(Rohde & Schwarz) R&S® RTOデジタル・オシロスコープ

R&S® RTOは、高い波形更新レート、世界初のリアルタイム・デジタル・トリガ・システム、600MHz~4GHzの帯域幅クラスで最高の信号再現性を兼ね備えたコンパクトなオシロスコープです。

測定と解析機能をハードウェアでの高速処理を実現しています。

R&S® RTO1002 600 MHz 2チャネル・モデルで、155.9万円(税別)~

※2012年10月15日現在の価格になります。
※価格については、予期なく変更する場合があります。ご検討の際は予め弊社営業担当までお問い合わせください。
※詳しくは、弊社営業担当までお問い合わせください。

主な特長

  • R&S® RTOは、世界最速の100万波形/秒の波形更新レートを実現しています。これは、集中的な並列処理に特化して開発されたASIC (RTC:Recording Trigger Controller)の採用によって実現しました。この高い波形更新レートによって、信号の不具合を発見する時間を短縮だけでなく、短時間でより確実に、デバッグを行うことができます。
  • 業界唯一、1mVレンジをハードウェアで搭載し、ENOB > 7と優れたダイナミックレンジを備えたADCと低ノイズの入力アンプによって、測定波形への追加ノイズを最小限に抑えます。さらに、R&S® のノイズ・フロアを測定(RBW = 100 kHz)すると、約-100dBmとなり、1Hzに換算したノイズ・フロアは、スペアナ並みの-150dBm/Hzを実現しています。このため、スペアナでは対応できないような低周波におけるノイズ評価に最適な1台です。
  • オプションRTO-B1の追加で、16チャネルのロジック解析機能を搭載できます。各チャネルで400MHz帯域、5Gサンプル/秒、そして200Mサンプルのメモリを搭載し、パラレル・バスの解析や、アナログ・デジタル信号が混在するADコンバータの評価に最適です。

本製品の詳細をみる

本製品に関するご相談・お問い合わせ

製品トピックス