アンリツ計測器カストマサービス(株) HALT試験サービス(受託試験)のご案内 

掲載日:2011.1.18

HALTとは?

HALT(Highly Accelerated Life Test)は,被試験物に対して仕様を超える温度・振動ストレスを印加して稼動限界・破壊限界を見極め、機器に潜在する故障要因を早期に発見し、その要因を改善することにより短期間で信頼性を向上させるための試験です。

規格に基づいて合否を判定する試験ではなく、また一般に「高加速寿命試験」と訳されていますが、加速係数を用いて製品寿命を推定する「寿命試験」とも異なるものです。

特長と仕様

  • 100℃~+200℃の広い温度範囲設定
  • 液化窒素と強力ヒータによる50℃/分の急速温度変化
  • 490 m/s2 (50Grms) までの6DoF*
    ランダム振動
    (*DoF=Degree of Freedom)

ご利用形態

まず弊社担当者とお客様で事前打合せを実施し、被試験機器のHALT試験装置への固定方法・機能試験方法・ストレスに弱い既知部分への対策等を検討いたします。

試験においては、HALT試験装置は弊社担当者が操作し、被試験物の機能試験は、お客様に実施して頂きます。

 

本製品の詳細をみる

本製品に関するご相談・お問い合わせ

製品トピックス