(株)エヌエフ回路設計ブロック 広帯域ディジタルロックインアンプ LI5660

掲載日:2016.1.15

最高11MHzまでの信号を測定可能な2位相・2周波数 ディジタルロックインアンプ

ロックインアンプは、雑音に埋もれた微小な交流信号を検出する測定器で、走査型プローブ顕微鏡、テラヘルツ分光スピントロ二クスなどの最先端研究分野で広く使われています。

LI5660は、位相検波以降のディジタル処理による高安定度、最高100dB の優れたダイナミックリザーブ、更新レート最高約 1.5M サンプル/s の高速で滑らかな出力応答などの微小信号測定の信頼性を高める基本性能に加え、さまざまな応用分野を想定した多彩な機能を装備しました

製品の価格

LI5660 標準価格 ¥1,200,000 (税別)

※2018年8月現在の価格になります。
※価格については、予期なく変更する場合があります。
※ご検討の際は予め弊社営業担当までお問い合わせください。

 

主な仕様

  • 周波数範囲 0.5Hz ~ 11MHz(※)  ※HF入力端子使用時
  • 電圧測定 10nV ~ 10V F.S.
  • 電流測定 10fA ~ 1μA F.S.
  • 最小時定数 1μs
  • ダイナミックリザーブ 100dB以上
  • 出力更新レート 最高 約1.5Mサンプル/秒
  • 2周波数同時測定
    2位相検波器を2系統装備
  • 分数調波測定
    基本波の分数倍の周波数(n/m)で測定
  • 外部 10MHz同期入力
  • USB、GPIB、RS-232、LANインタフェース
  • 薄型2Uサイズ(88mm)で装置組込が容易

本製品の詳細をみる

本製品に関するご相談・お問い合わせ

製品トピックス